人気ブログランキング | 話題のタグを見る

回復期病棟雑感 4

4 公私の格差

 タイトルを見て「また学校の話か?」と思った人も多いだろうが、「公私」といっても「病院」の話である。公立と私立の病院の格差…患者、要するに一般市民にとっての違いの話である。
 公立の病院、特に市民病院のような我々に身近な総合病院は、経営をスリム化せよとの政府からの課題を前に奮闘中だ。

 自助、共助、公助なんて総理大臣の言葉で、国に頼る前に自分でなんとかしろという政府の態度があからさまになってきたが、実はこの方針は菅総理のオリジナルではなく、昔からある自民党の発想である。
 前政権の時に始まった公立病院や保健所の統廃合、規模の縮小は、コロナ禍で勢いを削がれたかのようで、実は粛々と進行中である。福祉目的が増税の口実である消費税を財源にしていることも全く変わっていない。
 頑張って公共の医療サービスを縮小すれば、消費税を財源にしたご褒美をあげましょう…というヤツである。

 そんな訳で、今、公立病院は経費削減の真っ最中。コロナの感染者を自宅待機させてまで、公立病院の病床削減計画は止まらない。病床だけではなく、人員の削減も止まらない。自分の入院した市民病院も、骨密度を計測する立派な装置が配備されているにもかかわらず、それを操作する技師が不在だという。
 自分は骨盤を骨折したので、大腿骨の骨密度を測って、術後何日までは加重を何Kgまで…と目安を示してくれれば、リハビリの経過も立てやすいのだが、その作業がままならない。

 リハビリの人員も当然不足している。自分は骨折だから、形成外科的な機能回復のプログラムだが、他にも脳の障害や高齢者の痴呆などの記憶障害緒もリハビリの対象である。意外と身近な医療なのだ。
 リハビリは外傷などの外見的な回復とは異なり、基本的な機能の回復を目指す。なので、日常的で継続した訓練が欠かせない。市民病院では人員が不足しているため、リハビリは土曜と日曜にはお休みなのだ。
 すると、せっかく毎日続けてきた機能回復の訓練が、土日を挟むと週明けには食う連の成果が目立たない状態に戻ってしまったりする。僕の場合、右膝の関節が固くなっていて、それを少しずつほぐしてようやく曲がるようになったのだが、土日の休みを挟んで、月曜には思ったほど曲がらなくなっていた…という繰り返しがあった。
 それでも、平行棒を頼りに伝い歩きできるところまで進んだのだが、土日を挟むとまた振り出し近くに逆戻りと、なんだか時間を浪費しているような感じ。

 病院の経費削減では、食事もやり玉に挙げられる。病人、特に内蔵の病気などでは、術後に栄養を取らなければならない。それを経費削減って、どういうことだ?!となるでしょ? そこは病院、栄養価はちゃんと計算されているのだが、調理のバリエーションに乏しく、塩分を神経質なほどに抑えた、実においしくない食事になっている。
 厨房の人たちは、限られた予算内で質と量と味覚を納得できるものにしようと、一生懸命なのだと思う。
 月に一回程度、入院患者への病院食に対するアンケートを実施している。しかし古い町で、高齢者が多いため、どうしても「古き良き日本の食事」になってしまう。若者向けのパスタとかハンバーグなどは選択肢になく、みそ和え、それも塩路をとことん抑えたのとか、朝はたまにパンも出るが、食パンにイチゴジャムが関の山。
 あー、ハンバーガー食いたい…ってなるよな。

 塩分を控えた食事に飽きた頃、転院が決まった。術後一定期間経過すると、、リハビリ専門の病院へ転院することになっているらしい。市民病院のキャパシティの問題もあるだろう。それに、公立の市民病院で同じ患者を長く見ていると効率が悪い。私立のリハビリ専門病院に面倒を見させれば、まさに自助、税金で病人を養わなくて済む…という算段なのだろう。
 まあ、こちらとしては「食事が旨くなるかも!」と、私立のリハビリ病院にほのかな期待を寄せるのだった。

by FunatobeRei | 2021-08-30 16:24 | 身辺雑記 | Comments(0)